キューティクル開かせるヘアカラー

色落ちしにくいヘアカラーの成分には必ずと言っていいほど、強力な化学成分が配合されています。ヘアカラーに含まれるパラフェニレンジアミン(PPD)という物質が人によって、強いアレルギー反応を引き起こす事もあり、人体に影響を与える事もあるのです。

主な症状としては毛髪が抜けたり、皮膚がかぶれてしまったり、頭皮がただれてしまう症状が現れます。しかし、この症状は事前にパッチテストを行う事で回避することが出来ますので、ヘアカラーを使用する前にはパッチテストを必ず行う事が重要と言えます。そして、髪の毛に枝毛があったり、かなり傷んでパサパサになっている毛髪は色落ちしにくいヘアカラーの成分が配合されていても色落ちをしてしまう場合があります。

その原因はヘアカラーは毛髪のキューティクルを開き、色素を沈着させていくのですが、傷んだ髪の毛は最初からキューティクルが開ききっている状態で、色素を入れても沈着しにくくはがれおちてしまいやすくなる為です。その為、髪の毛は常に健康な状態でいる事を目指したい所ですが、傷みやすいヘアカラーを常に使い続ける方にとっては非常に困難な話しになります。使用を続ける事によって、次第に色も入りづらくなり、悪循環となるのです。